深刻化する放置空き家問題

東京の多摩地区に住んでいます。周辺の住宅地が様変わりしてきました。このあたりは、30年くらい前、大手住宅会社によって開発された住宅専用地域です。

30余年前に入居した若夫婦は、今では高齢者となりました。深刻なのは、空き家の数が急激に増えていることです。ある日、突然、家の風貌が変わってしまうことも珍しくありません。

樹木の枝は道路にまで突き出し、主のいない家は庭も家屋も無残な姿です。もし、お隣が空き家だったら、と思うとゾッとします。不審者が住み着いたとしても、気付く人はいないでしょう。悪意のある人が利用したら、それこそ一大事。何気なく捨てたタバコが元で大火事になる可能性さえ否めません。

条例や法律によって、行政や警察が管理することができれば良いのですが、現状ではムリです。放置空き家の数は、これからも増え続けると一方だと思います。この問題が置き去りにされていることは、とても不安です。

地方行政に権限があれば、ある程度、解決できるのではないでしょうか。東京都内でも解体業者の見積を取りにくいことがあります。住民の不安が現実のものとなる前に、適切に処置してくれることを願うしかできません。