空き家は国が預かるか買い取るのが最善策

昨年の2月に、知人に紹介されて村を訪れました。

その日、空いている畑や空き家を見せてもらいました。

紹介されたお家はタダで頂けるそうで‥

もし買い取るなら土地代のみで良いそうです。

そこは大黒柱がシロアリに食われており、床も落ちていました。

次に紹介されたお家は、平屋で浄化槽が設置されておらず、そちらに費用を投資しないといけないとのことでした。

諦めかけていた時に築120年のお家をご紹介して頂き、前に足を歩めた瞬間に涙が出ました。

まさに理想のお家で、直さないといけないけど投資しても惜しく無いくらいでした。

10000円で借りれることに感動しました。

2度目に訪れた時に、そちらの奥さんが案内していただいたのですが、

やっぱり、買って貰いたい。と言われました。

もう住む気でしたので、とても悲しかったです。

奥さんが言うには、子供に借金を背負わしたくない。遺産税や固定資産税で、生前整理を子供らに迫られているようでした。

おいでと村は手招きしますが、お家がない状況です。

知人も空き家待ちの状態です。

空いている空き家を移住者の手で生まれ変わらせ、村を活性化できたらと思います。

PR|解体工事に必要なもの